光インターネットをアパートで使用するときの注意点があります

賃貸アパートで光インターネットを利用する際は、選び方に注意が必要です。何も知らずに契約を進めてしまうと、トラブルの原因になりかねません。そもそも契約自体が出来なかったなんてことも、実際に起きているようですので、賃貸アパートで光インターネットを導入しようと考えている方は、ぜひ一読してください。まずはその賃貸アパートに対応している回線があるのかどうかを確認する必要があります。管理会社や大家さんに確認しなくとも、対応している回線があるか否かはインターネットで簡単に確認することができます。インターネットで検索すると、例えば大手三社の回線との確認方法を見ることができます。たとえ一社の回線が対応していなくても、他社は対応しているというケースがありますので、使用可能な回線があるのか確認だけでもしてみるべきです。

賃貸アパートでも戸建てタイプの契約はできる

賃貸アパートは、アパート内の複数世帯でその回線を使うマンションタイプの光インターネット契約ではなくても、戸建てタイプの契約もすることができます。通常はマンションタイプの契約の方が月額利用料を低価格に設定されていますので、可能であれはマンションタイプの契約をすることをお勧めします。しかし物件によってはマンションタイプに対応していないような場合もあります。回線工事が必要となりますので管理会社か大家さんに許可を取る必要がありますが、その点において問題がなければ、アパートでも戸建てタイプの契約をすることができます。その場合の月額使用料は戸建てプランの金額が適用されます。無許可で契約を進めてしまうと、トラブルの原因にもなりかねますので、管理会社や大家さんには必ず許可を取る必要があります。

許可が取れない場合は、モバイルWi-Fiを使う

もし、アパートにマンションタイプの回線が入っておらず、管理会社や大家さんから回線を通す許可が下りなかったら、モバイルWi-Fi使ってインターネットを利用しましょう。工事の許可が下りないのに、勝手に回線を通すことはできませんが、モバイルWi-Fiなら工事が不要ですし、管理会社や大家さんに許可を取る必要もありません。家電量販店等やショップでも契約手続きは行えますが、インターネットから契約手続きをすれば、好きなタイミングで契約をすることができますし、インターネットからのお申込の方が、よりお得なキャンペーンを多く行っています。最もお得な方法で光インターネットの契約をしたい方はインターネットからの申し込みをしましょう。契約中のモバイル回線と合わせて検討すると、さらにお得に契約できるプランも多数あるようです。