依頼した製品が配送されるまでの期間を確認

イベントの際、参加者全員が同じ衣装を身にまとえるオリジナルTシャツは便利な存在です。業者に制作を依頼すれば、本格的な仕上がりのものを簡単に作ってもらえます。どの業者にお願いするか迷った時には、まずは納期について比較するようにしましょう。納期とは、こちらが制作を依頼してから出来上がりが手元に届けられるまでの時間のことを言います。イベント用に作られることが多いものだけに、当日までに間に合うかどうかは重要な課題です。早く作ってくれるメニュープランが用意されているか、納期を守ってくれるかなどを満たす業者を選ぶようにしましょう。作るのが早くても配送に時間がかかることも多いため、住んでいる地域から近い場所に工場があるかどうかもチェックしておくと確実です。

1枚あたりの料金を比べてコスト削減へ

注文数が多くなるほど、オリジナルTシャツの制作にかかる費用も増えることになります。経費を抑えるには、1枚あたりの料金が安い業者を選ぶことです。そこで作ってもらいたいTシャツの料金を、複数の業者で調べ比較します。こうすることで、どこに依頼したほうが安く済むかがわかるようになります。大量に注文するのであれば、ロット数に応じた割引が用意されている業者もおすすめです。ロット数とは一度に制作を依頼する数量のことで、顧客からの評判が良い業者では、注文数が多いほどお得になる料金設定をしています。こうした業者に依頼すると、大量注文による恩恵を実感できます。今後も利用する予定があるなら、ポイントサービスなどがあるところを選ぶのも一つの方法です。使い続けるほど安くなるのでお得です。

仕上がりを左右する品質を見極めるには

オリジナルTシャツの制作を依頼する際、つい忘れてしまいがちなのが品質のチェックです。料金が格安だからといって注文したところ、生地の薄いTシャツが届いたという経験をされた方も多いかもしれません。これは注文時にTシャツの品質を確認していないことから生じるミスです。そこで注文前に、Tシャツの薄さを確認します。通常はウェブサイト上に薄手であるかどうか記載されており、そうでない場合でもサポートへ問い合わせることで大まかな薄さが確認できます。業者の中には、オンスという単位でTシャツの生地の重さを明記しているところもあります。この数値は大きくなるほど生地が厚手であることを示しており、着用時の快適さを判断することができます。他にもプリントが透けないかどうかなども、比較しておきたい要素です。